About Maple
メープルシロップとは

メープルシロップの歴史

北米先住民から入植者へ
メープルウォーターの伝統は何世紀にも渡って受け継がれてきました

1500年代

1600年代に入植者がやって来るはるか昔から、メープルの原生林は存在し、先住民はメープルの樹液が甘く、栄養価に優れていて、活動の源になることを知っていました。彼らは春になると、メープルウォーターを採取するために家族で森に移住しました。小型の斧でメープルの幹に傷をつけ、木製のくさびを切り口の下に固定し、それを伝ってメープルウォーターが木の皮の容器に溜まるようにしていました。
 

1600年代

現在のカナダ人の祖先である欧州からの入植者達に、先住民が、春先にメープルの木の幹に採取口を取り付け、メープルウォーターを収穫する方法を伝えました。
 

1700年代

入植者はメープルの森の中に簡易な小屋を建て、鉄の大釜でメープルウォーターを煮詰めていました。
 

1800年代

この頃は、“spiggots(スピゴット)”または“spiles(スパイル)”と呼ばれる、杉の木で作られた採取口が使われていました。生産者達はかんじきのような雪靴を履き、メープルウォーターを集めるために森の中を歩き回っていました。そして十分な量を集めると、樹液を煮詰める小屋“シュガーハウス”に戻ったのです。
 

1850〜1950年代

作業工程や採取技術が改良され、木のバケツはアルミのものに変わり、伝統的なシュガーハウスも変わっていきました。重い鉄の大鍋は、温度計やメープルウォーターの量を調整する浮きが装備されたエバポレーター(蒸発機)となりました。
 

1970年代

1960年代中頃、技術が近代化され、メープルウォーターを集めるためのバケツや樽、馬やトラクターはビニールのチューブに取って変わられました。そして、バキュームポンピングシステムを使い、メープルウォーターを速やかに木から貯蔵タンクに運べるようになりました。各採取口はこのチューブシステムにつながれていて、樹液が流れ出るのに十分な気温に上昇すると、システムが自動的に作動しはじめるようになっています。このチューブシステムの開発により、メープル産業がさらに発展したのです。
 

1980年代から現在

1980年代の逆浸透といわれる技術の出現は、新たな技術革新でした。メープルウォーターをある程度濃縮させるために逆浸透膜を使うことは、メープル製品に関する法律の精神と基準を遵守しており、精製とはみなされません。この技術はメープルウォーターに含まれる水溶性の成分を濃縮するだけのものだからです。そして、生産コストと労働時間を削減しながら、何百年もの間愛されてきた自然の甘味料であるメープル製品の味と品質をそのままに保っています。
 
 
HOME > メープルシロップとは > メープルシロップの歴史